購入して支払いまでしたけど良く考えたらいらないのでキャンセルしたいです

キャンセルボタンの表示条件や出品者としてのキャンセル申請手順、購入者としてのキャンセル申請手順についてわかりやすく解説してます。

質問内容

 

質問者

購入して支払いまでしたけど良く考えたらいらないのでキャンセルしたいです。
キャンセルできますよね?
 
お問い合わせ内容を含め、キャンセル全般について解説します。

事務局

 

ガイドライン

メルカリのガイドラインには、キャンセルについて以下のように記載されています。

取引をキャンセルしたい
基本的に、取引開始後にキャンセルすることはできません。
一定の条件を満たした場合のみ、取引画面上にキャンセルを依頼するためのフォームが表示されます。
取引の継続が困難な場合は、以下の手順を確認し専用フォームから取引のキャンセル申請を行ってください。

 

注意点

  • web版については現在対応しておりません。
  • 取引相手が同意するを選択した場合は、即時キャンセルが成立します。
  • 取引相手が申請に対応した場合、取引メッセージのご利用を停止します。
  • 返品後、出品者の手元に戻っていることを確認後に申請してください。

 

キャンセル成立の必須事項

キャンセル成立の必須事項は、双方間(出品者・購入者)のキャンセルの同意です。
双方間がキャンセルに同意していれば、キャンセルする事は可能です。

購入したけどいらないという理由では出品者が納得しないと思いますので、なかなかキャンセルを成立するのは難しいかもしれません。

 

キャンセル申請手順


出品者と購入者、それぞれの立場によって手順が異なりますので解説します。

 

出品者の手順

  • STEP.1
    キャンセルボタンを押す
    きちんと双方が同意した上で、取引画面の最下部に表示されている「この取引をキャンセルする」を押してください。
  • STEP.2
    理由の選択
    キャンセルを行う理由を選択してください。
    ※商品IDは自動で反映されます。
  • STEP.3
    キャンセル申請完了
    理由を選択してキャンセルを申請を押せば、出品者側のキャンセル申請は完了となります。

 

購入者の手順

  • STEP.1
    キャンセル申請の確認
    キャンセル申請があれば、以下のようなメッセージが表示されます。
  • STEP.2
    キャンセルの同意
    キャンセルに同意する場合は「同意する」を、キャンセルに納得がいかない場合は「同意しない」を選択してください。
  • STEP.3
    キャンセルの完了
    同意する場合はキャンセル完了となり、同意しない場合は事務局の判断に委ねるしかありません。

参考

事務局キャンセルについては、以下の記事を参考にしてください。
事務局でキャンセルしてもらった際の補償内容

 

キャンセルボタンの表示条件

キャンセルボタンは、基本的に出品者側にしか表示されませんが、「発送日の目安」の期限を超過したら購入者側にもキャンセルボタンが表示されます。
どうしてもキャンセルを行いたい場合、きちんと理由を説明した上で取引相手にキャンセルの同意を得る必要があります。

 

まとめ

新規ユーザーが増えて、メルカリボックスもキャンセル系の質問が増えたと思います。
自己都合によるキャンセルは、基本的に事務局でもキャンセル対応はしてくれませんので、購入前にきちんと考えて購入してください。
場合によっては、ペナルティを課せられる事もあります
 

参考

ペナルティについては、以下の記事を参考にしてください。
メルカリでのペナルティ一覧  

注意
無理して取引を続けても、報復評価や受取拒否などのトラブルに発展する可能性も十分考えられます。
どうしようもない状況になる前に、早め早めに事務局に相談してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す