カーバッテリーの発送方法&引受可能な業者

カーバッテリーは日本郵便・ヤマト運輸ともに引受不可ですが、引受可能な業者や梱包・発送方法について解説しております。
事前に送料などを調べた上で出品しないと、赤字になる事も考えられますのでご注意ください。

質問内容

 

質問者

カーバッテリーは日本郵便もヤマト運輸も引受できないと言われましたが、どうやって発送したらいいですか?
 
カーバッテリーは、中身が危険物なので一般的には引受を断られます。
一定の条件を満たせば引受可能な業者もありますので、引受可能な業者や梱包・発送方法について紹介します。

メルブくん

 

バッテリーは危険物扱い

カーバッテリーは硫酸などの強酸類が入っているので、一般的に引受不可です。

 

引受不可の業者

以下の業者は、バッテリーは危険物の為に引受は断られます。

  • 日本郵便
  • ヤマト運輸

 
日本郵便は、ホームページ上に引受不可と明記されております。
ヤマト運輸は、ホームページ上では航空機搭載が出来ないだけみたいに記載されてますが、実際は引受できませんのでご注意ください。

両社とも「バッテリー」の引受について窓口で確認しましたが、「車・バイクを含め、バッテリーの引受はできません」という回答を得ていますので間違いありません。

 

引受可能の業者

バッテリーの引受・発送が可能なのは、佐川急便の飛脚便です。

一般のお客さんでも、佐川急便であれば間違いなく引受してくれます。
発送の際は、梱包だけはくれぐれも気を付けてください。

 

梱包時の注意点

梱包時に、最低限でも以下の3点は気を付けてください。

  • 電解液が外部に漏洩しないように、耐酸性・耐アルカリ性の裏打ちを施した密閉容器で包装する事。
  • 端子の接触などによるショートや過熱を防止するために、バッテリーのふたをしっかり締める事。
  • 梱包後に上下がはっきりとわかる状態にしておく事。

 
耐酸性・耐アルカリ性の裏打ちを施した密閉容器がない場合は、厚手のナイロンでバッテリーを包んでも大丈夫です。
複数個を同時に発送する場合も、個別に梱包しないといけません。

 

注意
バッテリーも色々種類がありますので、出品する前に該当バッテリーの引受の可否を佐川急便に確認したほうがいいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す